スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもこんにちわ!

大学の期末試験に追われている神芝居です!

先日、友人の野々宮悠太が元部長をやっていた電通大麻雀部に遊びに行きました!


まずおもしろかったのは、

調布駅から電通大キャンパスまでの道のりで出会った電通大生が、本当に全員オタクっぽい恰好をしていたことでしたw

噂には聞いていたけど、本当にここまで全員オタクっぽいとは。。。。電通大おそるべし


そして電通大麻雀部に乗り込み軽く挨拶をしてさっそく一緒に打ってみました!

慶応は雀荘で活動するので自動卓を使っていますが、電通大は手積みです。

久しぶりの手積みにわくわくしながら、起親の僕がさいころを振り出目は7。

そして配牌を取り終えると。。。。

え・・・!?あがってる!!

なんと、初っ端の親でいきなり天和です!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


しかし、猛っている僕を前にして電通大部員は何やらもめています

事情を聴くと、どうやら積み込みをしていて、僕にはダブリーの手が入るようにされていたらしいですw

そして僕の切る牌で三人が役満ロンをするという計画だったそうですが、誰かが積み込みをミスって間違って天和になってしまったそうですwww

ちなみに、さいころは5と7が出たときにその積み込みが成立するらしかったのですが、それでは僕が5か7以外を出した時にはどうするのか?という疑問が出てきます

それを聞いてみたところ、なにかしらのいちゃもんをつけて5か7が出るまでさいころをふらせる、と言ってましたw


そんな楽しい歓迎をしてもらった後は、普通に真剣に打ちました

僕の宿敵・ギガマインとも打ったのですが、あえなく飛びラスにされてしまい、アホみたいにあおられましたw


電通大は非常にレベルが高くて、とても楽しそうに麻雀をしていました!

自動卓もいいけど、たまには手積みもいいですね!


それでは今回はこのへんで失礼します!
スポンサーサイト

流通論

こんにちわ

なんとかゼミ試験に合格し、第一志望のゼミに入れた神芝居です!

今回はですね、もう意味わからないと思いますが、僕の勉強した「流通論」についてまとめたものを載せようと思います。

もうほんといみわからないと思うけど、僕がどんな勉強をしているのかを自己満足で伝えようと、せっかくまとめを作ったのだからブログに載せちゃおうと、そういうことです。



麻雀成分は一切無いので、流通に興味が無い方は読まないほうがいいと思いますw


ではスタート!


注:この記事は、「流通論をつかむ」(有斐閣)の第三章をまとめたものです



第三章

Unit7:困難な協調的関係
①対立と強調 ②フリーライドの問題 ③垂直的取引制限

①対立と強調
・メーカーと流通業者は 価値(パイ)の創造の側面では協調し、価値の分配の側面では対立する
・商業者の社会性:商業者は生産者・消費者に対して中立で、社会全体における取引の効率化をもたらす

メーカーと流通業者の利害は一致しない。その例としてフリーライドがある。

②フリーライドの問題
1、小売業者間のフリーライド
 製品説明などのサービスを行う小売業者Aと、サービスを行わない低価格の小売業者Bがあるとする。
 消費者はAでサービスを受け、Bでその製品を購入する。BはAの提供するサービスの恩恵を受ける。
 ↓
 フリーライド問題が放置されると、最終的にはサービスを行う小売業者はいなくなる。
2、生産者間のフリーライド
 家電や自動車メーカーが自社製品の販売促進のために小売業に様々な援助を行うと、
 その流通業者が別のブランドを扱っている場合、メーカーの提供した資源が別のブランドに利用されることがある。

フリーライドを解決するための手段が次のもの

③垂直的取引制限
1、再販売価格維持行為(小売業者間のフリーライド)
 メーカーが流通業者に対して自社製品の再販売価格を拘束すること
 「スペシャル・サービス仮説」
 価格競争を制限されている状況では、競争相手よりも多くのサービスを提供すること(サービス競争)で販売量を増加させようとする。これによってフリーライドを解決できる。
 生産者が再販売価格維持行為を行う理由
(1)フリーライド問題解消 (2)流通業者の適正利潤の確保 (3)流通網の確保 
(4)ロスリーダーとして扱われることによるブランドイメージの低下を防ぐ

しかし、再販売価格の拘束は独占禁止法上、禁止されている。
そこで取引慣行として、「建値制(希望小売価格の提示)」が存在してきたが、流通業者を従わせる拘束力は無い。

だからこそ流通管理の必要性が生まれるのである。
2、専売制(生産者間フリーライド)
3、テリトリー制(生産者間フリーライド)
→流通業者に対して他のブランドの取り扱いを禁止する


Unit8:チャネルの組織化とパワー関係
①チャネル類型基準 ②パワー関係

①チャネル類型基準
(1)長短基準:チャネルの段階数
短いチャネルほど、
①チャネル統制力が高い
②情報伝達が効率的(川下から川上へ需要情報が伝達される場合にチャネルが長いほど情報がうまく伝わらないことをブルウィップ効果という)
③投資・市場リスクが大きい(分担メンバーが少ない)

(2)広狭基準:特定地域内の流通業者の密度
 1、開放的流通
   製品の市場カバレッジを高める・ブランド内競争の激化・最寄品を扱うことが多い
 2,選択的流通
   ブランド内競争を抑えられる・メーカーがチャネル管理しやすい・買回品、専門品に多い
 3、排他的流通:独占的販売権を特定の販売業者に与える。
   高級ブランド品や自動車など高価で複雑な製品の場合に多い・他ブランドの取り扱いを禁止することも多い

(3)開閉基準:品揃え状態・専属化具合の程度
開いたチャネル:流通業者が特定のメーカーに専属化せず、競合相手の製品も扱っている
閉じたチャネル:製造業者のメリットには、フリーライドを阻止できる・自社製品のより優先的な販売努力を引き出せる・流通業者に対するパワーを維持できるというものがある。

これらには「長・広・開」(単純で標準化された低単価製品)「短・狭・閉」(ブランドなど)という関連性がある

大規模メーカーが流通業者の協力を確保するために組織化することを流通系列化という。

②パワー関係
2者間におけるパワーは、互いの依存度によって決まる。
「1,BがAから得る効用(価値・ベネフィット)が大きくなるほど
 2,その効用の代替的源泉をBが見出す事ができないほど
 Aに対するBの依存度は高くなる」

1,販売依存度:売り手の、買い手への依存度
2,仕入依存度:買い手の、売り手への依存度
大規模小売企業が台頭するにしたがって、今までのメーカーのチャネル戦略(リベート制・建値制など)は意味をなさなくなり、大規模小売業に対する卸売業の販売依存度は高まってきている
こういった背景により、メーカーはチャネル戦略を見なおさざるをえなくなった
Cf:パワーとパワー源泉(P92)

はい、汐見です!

最近異様なほどポーカーにハマっている汐見です!!

今日は麻雀の実力について書きます

麻雀っていうのはだいたい、選択肢が2,3あって、多大な情報を駆使してどっちの選択が有利か考えるゲーム。
問題はどの情報が大きな判断材料になるかを見極め、有利な選択が出来るか否か ということだと思う。
逆に言えば、損な選択をどれだけしなかったか。
期待値的に損な選択をしたその合計がそのプレイヤーの実力を示すものになると思う。

では、麻雀の実力を上げるにはどうすればいいか。
まずは大きなミス(期待値的に大きな損)をしないことだ。
それにはどうすればいいかというと、まずは大きな判断材料にのみ着目し判断すること。
そうすることで、そこまで大きなミスはしなくなる。(これが一般的なテジタル?)
それになれたら徐々に他の小さな材料にしかならない情報も取り入れていけばいい。
しかし、その他の情報が有益な判断材料になるかといって、それは悪魔で他の大きな判断材料より小さいことを忘れてはならない。
Aを切るかBを切るかという秤でどちらか微妙なときにのみ、他の情報を使おうとすればよい。
この秤の精度が麻雀の強さだと思う。
ちなみに、メンタルの強さというのはこの秤の強度のようなものだと思う。

中途半端ですが、今日は眠くなってきたのでここまでで!


書くと長くなるし難しいからハショったけど、ヨミ(特に鳴きヨミ)は大きな判断材料になりうるものだと思う。
しかし、他のものより習得が難しいし複雑。これを駆使することが出来れば更に天秤の精度をあげることが出来ると思う。

メカバビィ(赤6枚ルール)


またまた汐見でしたー!!今回はメカバビィでの戦略!!


ルール:赤6枚鳴き祝儀200円 ウマ1-2


変わってるところは言わずもがな平均打点が高い。
ドラが中牌の時は、放銃すれば3900以上と考えるのが妥当。

このルールで戦術として価値が上がるのは
・ブラフベタオリ

なので、自分の手に将来性がない時、3回に1回くらい?は序盤から安牌抱え、2段目からベタオリ用意。
その際、ブラフがなかなか有効な戦略になる。
例えば、将来危険牌になる牌で両面チーで中牌切り。
※オタ風ポンなどは守備力が下がるので絶対しない。悪魔で僕のブラフは降り方の1つ。

これをすることで、様々な効果が期待出来る。

1.僕の河の現物待ちマンガンをダマる可能性大幅up
2.将来性がある人も回る可能性がある。
3.僕の中盤の守備力がup


1から横移動期待。
2が目に見えない、多分ちょっとお得なメリット(しかし、捌き手を潰す恐れもあるので微妙?)

3は疑問に思うかもしれないが、面前で手を作ると牌の種類はあれど情報の少ないリーチに対して手詰まりになることは多々ある。しかし、鳴いて安牌を溜め込んでいた場合、少なくとも中盤の誰のリーチに対しても4,5巡は凌げる。
ちなみに、今までこれで安牌が足りなくなって打ったことは1度もない。
※早そうな人がいたら、ブラフを継続せず、即座に降りる

ドラが赤6枚のため、相手もクイタンには注意せざるを得ない。
なので、このルールでのブラフはかなり有効。
また、そうすることで、本手の時の役牌バックもやりやすくなる。



最後にものすごくシンプルなことなのだが

赤が多いからってシャンテン押ししない。基本は引く。


僕はこれが徹底できてない為、相当損していると思う。


朝4時、オンラインポーカーしながらの更新。眠いので寝ます。

まとめ

「今回の一か月くらいかかってしまった何切るをまとめてもう一回最初から見たい。あと、面倒じゃなければ今までの何切るのリンクも貼って」という要望があったのでまとめてみます。


今回の何切るのリンク↓ クリックすると開きます。

1回目

2回目

3回目

4回目



今までの何切るです。

第1回 http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
第2回 http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-82.html
第3回 http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
第4回 http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-94.html
第5回 http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-95.html
第6回(2部構成) http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-99.html          
            http://siotomo.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
それと、このブログの右側に「カテゴリ」っていうところがあります。

そこに「牌姿研究」っていうのがありますよね?これが「何切る?」系の記事のカテゴリになってるんで

気になった方はそこを見ていただければ、過去の記事が見れるようになっております。

他のカテゴリも、暇があればチラ見してみてください(宣伝)

プロフィール

Kaito_Yokoyama

Author:Kaito_Yokoyama
横山海渡:天鳳は神芝居(八段)。麻雀大好き大学三年生。慶應義塾大学麻雀研究会代表、学生麻雀部連合本部長。

カテゴリ
このぶろぐみたひと
このぶろぐみてるひとなう
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。