スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターから学ぶ牌効率 迷う形のパターン処理

今回はツイッターで見かけた牌効率に関するツイートを整理したりしてまとめてみようという企画です!

手が良いけど複雑になって迷う形をパターン化して処理することを考えていきます!

いつもいつも迷うよりはさっさとパターンにして覚えたほうがいいですよね。

僕がいつも麻雀を教えるときは、まず「イメージをつかんでもらう」ことを大切にしていますので、今回の牌姿に出てくる形の特徴というか、イメージから説明したいと思います!

・基礎知識

【頭両面】
223のような形。頭としても両面としてもみることができる。頭の振り替えが効く牌姿では、頭にも両面にもなりうるため安易にどちらかに固定するのはよくない。亜両面、四連形と仲良し。

【亜両面】
3345のような形。くっつきとしては普通の孤立牌と機能はほとんど変わらないが、頭が作りやすく、頭の振り替えが効く牌姿では役に立つことも多いので、頭両面がある牌姿では特に注意すべき形。

【中ぶくれ】
4556のような形。良形くっつき四種なので、くっつきにとる場合は重宝する。中ぶくれから頭はほぼできないと考えて処理したほうがシンプルである。頭ができないのでくっつき特化型の形というイメージ。すなわち、孤立頭がすでにあるときは中ぶくれはかなり大事になる。逆に頭の振り替えが効く場合は(頭がまだ固定されてない牌姿では)、亜両面に劣るケースもあるので注意する。

【四連形】
4567のような形。良形くっつき四種でかつ頭の振り替えにも対応している神の形。頭の振り替えを見つつくっつきも狙えるので、頭両面との仲の良さはピカイチ。頭が固定されている場合でも振り替えの効く場合でも重宝する。欠点は平和がつかないこと。



それでは、それらが組み合わさって複雑になるパターンを考えていきましょう

★基本形 

【公式】頭孤立対子+亜+中+四→亜(亜:亜両面、中:中ぶくれ、四:四連形)

すでに単独の頭がある場合、良形の作りやすさを考えれば、亜両面が一番不要。

【例】225567m4556p3456s→打5m


★頭両面形

【公式1】頭両+亜+中→頭固定

中ぶくれは頭候補として考えないほうがよいので、頭両面形が両面として使えるケースが亜両面を埋めた場合のみである。それよりはくっつきのほうが良形テンパイ枚数が多いので、頭を固定する。

【例】223789m3345p5667s→打3m


【公式2】頭両+亜+四→亜

亜両面と四連形だと、四連形を残したほうがいいでしょう。なぜなら、頭の振り替え枚数は同じだけど、四連形はくっつき枚数が亜両面より多いからです。

【例】223789m3345p5678s→打3p


【公式3】頭両+中+四→頭固定と中ぶくれ外しどちらでもよいが、少し頭固定有利。

頭固定でくっつきの場合、良形テンパイ9種。
頭の振り替え期待で中ぶくれを外す場合、良形テンパイ9種。
両者同じだが、中ぶくれを残すと一盃口目があるので、若干頭固定有利か。

【例】223789m3445p5678s→打3m


今回はここまで!

次回は何やるかわからんけど、もうちょっとこれを深めるやつになりそうです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kaito_Yokoyama

Author:Kaito_Yokoyama
横山海渡:天鳳は神芝居(八段)。麻雀大好き大学三年生。慶應義塾大学麻雀研究会代表、学生麻雀部連合本部長。

カテゴリ
このぶろぐみたひと
このぶろぐみてるひとなう
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。